私が選ぶ自画像で有名な芸術家

私が思うに芸術の最高峰は自画像にあると思います。これまでも自画像で有名になった芸術家というのは非常に多かったわけですね。 ゴッホやダヴィンチ、サンドロ・ボッティチェッリ、ヤン・ファン・エイク、ピーテル・ブリューゲル、ジュゼッペ・アルチンボルド
などなど挙げるとホントにキリがありません。

特に私が好きなのはピーテル・パウル・ルーベンスであり、フランダースの犬では最後のほうにルーベンスの絵の出てくるので知っている方もいるでしょう。あれでハマった!と言っても過言ではありません。

また非常に抽象的なタッチで独特な感じもするスペイン人のディエゴ・ベラスケスも好きです。あの技術力を理解するのにはかなり勉強も必要になってきます。

ではここで芸術家がわざわざ自分の絵を描こうとして描くことの意味を考えてみましょう。 芸術家であれば自分以外にも書きたいものはいっぱいあるのではと思うのですが不思議ですよね。どうやらこれについては自分の本当の姿を夜中に見せたいという願望があるからだそうです。これも一つの自己顕示欲なのかもしれません。まあ芸術家といえばどんな感じもしますよね。

もしくはあえて自分と向き合ってその弱さを世の中に見せたいという気持ちのもあるかもしれません。自分という弱い生き物恥ずかしい生き物を世の中に露呈することによってその後の作品制作にも影響が出るのかもしれませんね。

例えばあのゴッホいう画家がいますが、彼は自分の年齢や芸術家としてのステージに合わせて何枚持ち画像を残しています。その時々によって自分がどのように見えているかというのも異なりますのでそれもしっかり世の中に残していたという芸術家の一人ですね!

顔脱毛で事前にキレイにしておきたい

特に女性はそうですが、自分をキレイな状態にしてから絵にしたい!と思うのが普通ではないでしょうか。特に顔だったら尚更、、、ですよね。

実は顔も脱毛できるのを知っていますか?医療脱毛でも顔脱毛セット!のようなものが普通にありますのでそれを利用すれば5、6万円で出来てしまいます。男性のヒゲ脱毛と違い、女性はヒゲも薄いですしすぐに終わる可能性もあります!

私の場合は京都の某クリニックで脱毛をしました。京都ではけっこうたくさんの美容クリニックがあるのですが、中でも顔脱毛に適したところを見つけて6回セットで顔の産毛を永久脱毛したというわけです。

これで一気に自分の顔にも自信が持てましたし、化粧ノリも良くなってその効果を実感しました。

で、たぶんですが湘南美容クリニックとジョウクリニックの顔脱毛はかなり安いのでおすすめです。一生これで剃らなくてもいいと思うと費用対効果が半端ではないことに気が付くと思いますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です